ART MIX JAPAN

NEWS
AMJ2017コンセプト

2017.02.20

アートミックスジャパンの始まり。

アートミックスジャパン プロデューサーの能登です。

今から5年前、
私たちはアートミックスジャパン(AMJ)を
立ち上げました。


ゼロから立ち上げたこのAMJは、
2016年12月には、メキシコ開催で
5万人を動員し、今年新潟開催は5周年を迎えます。

これは何も私たちが賢かったわけではなく、
(会えばわかりますが、普通の人たちです)、
あることを素直に実践しただけなのです。


文化が好きな私は、一時、
各地の祭文化や、伝統芸術、アート鑑賞に
はまっていました。

主に日本文化やクラッシック音楽
インスタレーション、コンテンポラリーなどを
勉強していました。


驚いたのは、
その日本文化のクオリティの高さと
海外の注目度の高さです。


つまり、ものすごくクオリティが高く、
他国には全くない手法や表現方法である日本文化が
世界中から今求められている事です。

公演を観覧し、観た事を
話すことで、
海外や県外の方や、年上の方々、
会話の広がりが大きくなり、
人脈がどんどん広がりました。

 

しかし、世間には本当に観覧する機会が

たくさんあるにも関わらず、
それが新潟に入って来ることは
ほとんどないのです。


理由は簡単です。


1つは本当に役立つ文化は
大衆受けしないこと。

そしてもう1つは、
興行主によるアーティストの遠征は、交通費、
設備費会場費など
遠征にコストがかかるのです。


そのため、恐らく
そんなに売れないだろう公演を
コストをかけて遠征するよりも、
いつも知っている有名人を起用し
興業を行った方が興行主にとっては
好都合なわけです。


しかし、
私が観覧した日本文化は、
あまりにも素晴らしい公演ばかりでした。


社会人としての教養に役立つものだったり、
自分の考え方やパラダイムを変えてくれる
公演だったのです。

 

なので、自分と同じように、
「国際人としての日本文化を知ること、
社会人としての教養を身につける事を
求めている人はいるんじゃないか?」
と思ったわけです。


それが、
アートミックスジャパンを始めた理由です。

島国であるため、
多様な人種との交流や、言語等の面において
日本人にはハンデがあります。

英語圏にいなければ、
手に入るはずだった
世界の素養としての文化を語る機会を
知ることが出来ないのですから。


英語圏にいる人は10億人、
しかも様々な国や文化を持ちます。


日本語圏にいる人は
単一文化で1億人です。


自国の文化を語る機会の差が
出るのも自然なことです。

アートミックスジャパンが少しでも
そのハンデを埋めることが出来たら、
これ以上のやりがいはありません。


アートミックスジャパンでは、
初心者から、コアの方までが唸る
27公演を全公演解説付きで行っています。

今年は
アジア、ASEANの文化をご紹介する
またと無い機会です。


この新潟で、
全国の方々が触れたくても触れられない
学びたくても学べない機会があると思って、
楽しみにしていてください。

 

アートミックスジャパン
総合プロデューサー
能登剛史

TICKETお電話でのチケット申込み
AMJ専用電話
025-255-1332受付:9:00~18:00(土日祝は休業)

PAGE TOP